Roger Nichols / ロジャー・ニコルス

Roger Nichols / ロジャー・ニコルス
Biography

ロジャー・ニコルス(Roger Nichols)は、アメリカの作曲家、ソングライター。また、バイオリン、ギター、ベース、ピアノのマルチプレーヤーでもある。カーペンターズに提供した名曲でよく知られているが、ロジャー・ニコルスは、作詞家のポール・ウィリアムスやPet Soundsの作詞家としても知られるトニー・アッシャーとの共作で多くの名曲を作り上げた。
また、The Small Circle of Friends のコーラスグループで制作したアルバムが、90年代にリヴァイバルヒットした。

 ・ Spotify : Roger Nichols / ロジャー・ニコルス

Roger Nichols / ロジャー・ニコルスの経歴

Roger Nichols And The Small Circle Of Friends (A&M Records, 1968)
ロジャー・ニコルスのデビューアルバム。トミー・リピューマのプロデュースで作られたこのアルバムは、トニー・アッシャーとの共作。セールス的には成功しなかったが、ロジャーは、ハープ・アルバートからA&Mレコードの専属作曲家として迎えられ、ポール・ウィリアムスを紹介される。

・”We’ve Just Only Begun” / 愛のプレリュード
ロジャーとポールは、銀行のコマーシャルのために、この曲を書いた。その曲にリチャード・カーペンターが着目し、1970年の初めにヒットし、このカーペンターズのヴァージョンは、ビルボード(Billboard)誌では、1970年10月31日から4週連続で最高位の第2位を記録した。

・”Times Of your Life” by Paul Anka
ポール・アンカが歌ったこの曲も1976年にアダルト・コンテンポラリー部門で首位になった。

・”Out in the Country” by Three Dog Night and later by R.E.M
トップ10を記録。

“Rainy Days and Mondays” / 雨の日と金曜日は by Carpenters
ゴールドレコードとなる。(年間に3枚のゴールドレコードを記録する。)

・”I Won’t Last a Day Without You”, “Travelin’ Boy” by Carpenters

“I Never Had It So Good” covered by Barbra Streisand

・Album ”Roger Nichols and a Circle of Friends — Be Gentle With My Heart”
1995年の日本で発売したアルバム。Sheila O’Connell-Roussellをボーカルに迎え、ロジャー・ニコルスの代表曲の”We’ve Only Just Begun”, “I Won’t Last a Day Without You”, and “Rainy Days and Mondays”を収録している。

Roger Nichols / ロジャー・ニコルスのアルバム

・Roger Nichols and the Small Circle of Friends (1968)
・Roger Nichols and a Circle of Friends—Be Gentle With My Heart (1995)
・Roger Nichols and the Small Circle of Friends—Full Circle (2007)
・Roger Nichols and the Small Circle of Friends—Full Circle (2008; Now Sounds edition with 5 extra tracks)
・Roger Nichols and the Small Circle of Friends – My Heart is Home (2012)

 ・ Small Circle of Friends / amazon